カードローンの借り換えをするときも…。

総量規制の対象となるのは、個人がお金を貸してもらう時だけです。そんな訳で、一個人が事業資金として借金する場合は、総量規制の対象からは除外されます。お金を借りるにあたって実行されることになる在籍確認というのは、その日取りと時間帯を指定することが可能です。とは言っても深夜や早朝、または何ヶ月も先といった不自然な感じの指定をすることは認められません、体験して初めてわかることですが、審査基準に若干差があるようです。これまでに私自身が申し込みを入れてみて、審査を通過しやすいと思った消費者金融をランキング順に並べましたので、確認してもらえればと思っています。規模の大小にかかわらず、銀行は「貸金業者」ではないとされており、その業務内容に関わらず「銀行」なので、貸金業法の制約を受ける対象から外れます。とどのつまり、銀行のキャッシングサービスは総量規制の制約を受けないということです。融資にあたり、収入証明書を提示するよう義務づけているのは2007年改正の貸金業法であるゆえ、消費者金融でキャッシングを申請する時は、収入証明書を求められるのが通例なのです。銀行が推進しているフリーローンの一番の特色は、何と言っても低金利だということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です