子どもと連れ立って出掛ける国外ツアーのエッセンス

低年齢児を伴う国外ツアーの場合、飛行中の配慮が必要です。ハワイ諸島と言えば有名な旅行先とされますが移動時間はやや長め。他方で南洋地域或いは近場の東アジアの国であれば短めの時間でたどり着きますので、みんなが受ける疲れの規模は少な目でしょう。幼児の場合、長いフライトは避けましょう他にも、時差ボケが極力小さい行き先にするようにしましょう。現地でどう過ごすかも大事なポイントですが、到着までの時間についても問題なく送れるように企画も必須でしょう。家族連れで国外ツアーへ行こうとすると、ついあれもやってみたいコレも体験したい、と詰め込みがちでしょう。折角の観光地にてダウンしてしまわないように、ゆとりを持った旅行計画を練りましょう。家族みんなで楽しむことが第一なのです。
http://s-dentetsu.jp/line/line.php?linecd=2140-01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です