近頃はキャッシングの申込方法も様々あり…。

消費者金融では、総量規制の影響で年収の3分の1を超える金額は借金できません。今の年収を認識するためと完済できる見込みがあるのかを分析するために、収入証明書が必要とされるわけです。CMでよく見かける消費者金融や大手の銀行の中には、いわゆる「無利息貸付」をアドバンテージにしているところも目に付きます。この画期的なサービスなら、指定された日数の間は金利がかかりません。都銀や地銀のおまとめローンサービスは消費者金融より低金利で、しかも高額ローンの取り扱いも行なっているためありがたいのですが、審査が難しくすぐに結果が出ないのが難点です。即日融資を望むわけは、突如として資金を準備しなければならなくなったからですが、そういう時に「収入証明書がいります!」と言われても、簡単に用意できないものです。銀行が展開しているカードローンは、消費者金融系カードローンと比較をしてみますと低金利であり、しかも総量規制の対象になっていないので、年間総収入の3分の1をしのぐ貸付を受けることも不可能ではありません。いくらのローンを組むのかによってまちまちですが、年率3%という低金利にて借り入れすることができる銀行もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です